アメリカの宇宙メディア「Via Satellite」が、「2023年 注目の小型衛星スタートアップ10社」を選出し、その中に日本のスタートアップ企業「Pale Blue」が選ばれました。

Via Satelliteが選定するこのリストは投資家から注目を集める技術を持ち、重要な成果を達成した世界中の小型衛星スタートアップから選ばれます。「Pale Blue」は「水」を用いた推進機の製造・販売を行い、宇宙エコシステム全体のコスト削減やリスク軽減に期待が寄せられています。

また、「Pale Blue」は特許技術である電子サイクロトロン共鳴(ECR)を活用した水プラズマ式推進機を開発。これにより従来の水推進機と比較して高い比推力を得ています。さらに、創業3年未満で宇宙実証に成功しているという成果が評価されました。

「Pale Blue」は2020年に東京大学から創業した宇宙スタートアップで、水を推進剤とした小型衛星用推進機の技術革新と社会実装に取り組んでいます。これらの技術革新は、社会インフラの鍵を担う小型衛星の実用化に向けて重要であり、これにより宇宙産業のコアとなるモビリティの創成と人類の可能性の拡大に寄与します。

Pale Blue、米大手宇宙メディアVia Satellite「注目の小型衛星スタートアップ」に選出