【世界初⁉︎うなぎの宇宙食が誕生】JAXAの宇宙日本食『スペースうなぎ(うなぎ蒲焼)』がついに宇宙へ/創業69年長野県の老舗うなぎ料理店観光荘

長野県岡谷市に本店を構える創業69年の老舗うなぎ料理店、有限会社観光荘が開発した「スペースうなぎ」が、2023年6月に宇宙日本食認証を取得しました。これは日本初のうなぎの宇宙食となります。

スペースうなぎは、観光荘が「UNA Galaxy Project」の一環として開発に取り組んできたもので、2023年8月には、JAXAの古川聡宇宙飛行士が搭乗するSpaceX Crew-7によるISSへのミッションで初めて搭載されます。

スペースうなぎの原料は、観光荘と共同開発した国産うなぎブランド「シルクうなぎ」を使用。これを蒸さず焼き上げ、甘めのタレで仕上げたうなぎ蒲焼を、宇宙食として長期保存可能なレトルト加工を施しています。

観光荘では、このスペースうなぎの宇宙到達を記念して、「UNA Galaxy キャンペーン」を実施します。キャンペーン期間は2023年9月5日から11月30日までで、特設サイトでシルクうなぎとUNA Galaxy グッズのセット商品を販売します。

また、スペースうなぎは2023年冬頃、観光荘のECサイトで一般販売を開始予定です。長期保存が可能なため、災害食としても利用できます。

今回のプロジェクトは、多くの関係者の協力により実現しました。観光荘は、スペースうなぎを通じて宇宙飛行士に元気を届けられればとの思いを述べています。

PR TIMES