2023年9月4日、NASAのSpaceX Crew-6がフロリダ沿岸近くに無事帰還しました。ロスコスモスのコスモノートAndrey Fedyaev、NASAの宇宙飛行士Warren “Woody” HoburgとStephen Bowen、そしてUAE(アラブ首長国連邦)の宇宙飛行士Sultan Alneyadiの4名は、ジャクソンビル、フロリダ沿岸の大西洋に着水した直後、SpaceXの回収船MEGAN上のSpaceX Dragon Endeavour宇宙船内で確認されました。

彼らは国際宇宙ステーション(ISS)での約6ヶ月間の滞在後に地球に帰還しました。4人の国際クルーは、軌道上で186日間を過ごしました。Bowen、Hoburg、Alneyadi、Fedyaevは、EDT午前12時17分に地球に帰還し、SpaceXの回収船のチームが宇宙船とクルーを回収しました。回収後、クルーはNASAのジョンソン宇宙センターに飛ぶ予定です。

Crew-6ミッションは、2023年3月2日午前12時34分に、NASAのケネディ宇宙センターからSpaceX Falcon 9ロケットによって打ち上げられました。約25時間後、DragonはHarmonyモジュールの宇宙向きポートにドッキングしました。

彼らの滞在中、Crew-6メンバーは多くの科学実験とメンテナンス活動に貢献しました。Bowenは3回の宇宙遊泳を行い、HoburgとAlneyadiもそれぞれ2回と1回参加しました。新たな太陽光発電パネル(IROSAs)の設置を行い、ステーションの電力供給を強化しました。

Crew-6ミッションはNASAの商用クループログラムの一環であり、地球への帰還は、NASAのSpaceX Crew-7の発射に続いて行われました。NASAの商用クループログラムの目標は、国際宇宙ステーションへの安全で信頼性の高い、コスト効率の良い輸送を実現することです。これにより、研究時間が最大化され、地球上の生活の改善や月や火星への人間の探査を支援するための発見の機会が増えます。

詳細については、以下のNASAの商用クループログラムのウェブサイトをご覧ください:https://www.nasa.gov/commercialcrew

http://www.nasa.gov/press-release/nasa-s-spacex-crew-6-safely-returns-to-earth-near-florida-coast