アストロスケール、三井物産のパートナーとしてISS後継機における軌道上サービス事業の検討に参画

人工衛星の製造・開発を手がける株式会社アストロスケール(本社:東京都墨田区)は、国際宇宙ステーション(ISS)の後継機となる「ポストISS」の日本モジュールの保有・運用事業のパートナー企業として、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区)に選定されました。

ISSは2030年に運用を終える予定で、その後継機となるポストISSの開発が進行中です。日本政府は2023年6月の宇宙基本計画において、2030年以降の地球低軌道活動の在り方と、ポストISSにおける日本の位置づけについて検討する方針を打ち出しています。

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の募集により、三井物産は「民間主導の地球低軌道有人拠点事業における米国商業宇宙ステーション接続型日本モジュールの概念検討」の事業者に選ばれました。三井物産はアストロスケールをパートナー企業として選定し、日本モジュールの事業化に向けた検討を開始します。

アストロスケールは、宇宙ステーションでの点検や修理、燃料補給などの軌道上サービスを提供するリーディングカンパニーとして、自社の知見を活用し、日本モジュールの構築と利用について検討を進める予定です。また、同社が開発しているランデブ・近傍運用・ドッキング技術(RPOD)を活用し、日本モジュールの活用に貢献します。

アストロスケールは、デブリ(宇宙ごみ)の低減・除去、寿命延長、故障機や物体の観測・点検など、全軌道における軌道上サービスに取り組む民間企業です。また、ビジネスモデルの確立や宇宙政策の策定にも努めています。

Source: PR TIMES