GMT249_22_24_Jasmin Moghbeli_SN 1037_Andy on CEVIS

ヨーロッパのESAの発表によると、次回の宇宙飛行士アンドレアス・モーゲンセンのミッションでは、彼の健康状態と身体の生命徴候を宇宙での日々の運動中に追跡する実験が行われる予定であることが明らかにされました。

人間の体が無重力状態にどのように対応するかを理解することは、国際宇宙ステーションで行われる多くの実験の焦点となっています。宇宙飛行士が宇宙での生活に慣れるまでには約2週間かかる一方、体調を追跡し、特に運動中の状態を理解することで、宇宙飛行士が軌道上で最善のサポートを受けるための研究が進められています。

アンドレアス・モーゲンセンのHuginnミッションでは、彼は胸に取り付けたSpaceWearモニターとともに運動を行い、皮膚温度や心拍数などの重要な健康指標を測定します。

SpaceWearは時計程度の大きさのデバイスで、アンドレアスが運動中に体幹部に装着します。これは心拍数とその変動、呼吸数、体の向きと動き、皮膚温度など、一連の健康指標を監視します。これらのデータは1秒間に1000回、そして10時間のバッテリー寿命で測定されます。

「国際宇宙ステーションではすでに健康モニターが使用されていますが、SpaceWearモニターがこれらと一線を画すのは、測定するデータの頻度と質です。長いバッテリー寿命とともに、SpaceWearモニターが宇宙ステーションでの飛行士の日常生活をどのように支援できるかを見るのが楽しみです」と、デバイスを開発したデンマーク航空宇宙会社のCEO、トーマス・アンデルセン氏は述べています。

SpaceWearモニターは極端な環境での使用を考慮して設計されています。アンドレアスの宇宙ステーションでのテストは、危険な状況での応用を開く可能性があります。たとえば、高熱、重い装備、肉体的に厳しい仕事に直面する消防士の場合、SpaceWearは医療スタッフに詳細を提供し、重大な健康問題の発生を防ぎ、それを避けるための措置を講じることができます。

この健康トラッカーは、モータースポーツ中に高いG力を経験するドライバーや、希薄な大気の中で高山に登るクライマーなど、極端なスポーツを行うすべての人にも役立つことができます。

アンドレアスのミッションについての科学的な詳細については、彼のHuginnページで詳しく読むことができ、彼の旅をソーシャルメディアプラットフォームで追跡することも可能です。

Source: https://www.esa.int/Science_Exploration/Human_and_Robotic_Exploration/Fitness_tracker_beyond_Earth