Space Compassによる国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」後継機の通信・軌道上データ処理事業の検討

株式会社Space Compass(以下、Space Compass)が、三井物産株式会社(以下、三井物産)と共に、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」の後継機の保有・運用事業に向けた検討を開始したことを発表しました。

三井物産は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)から「民間主導の地球低軌道有人拠点事業における米国商業宇宙ステーション接続型日本モジュールの概念検討」の事業者として選定されました。2030年頃のISS退役を見据え、日本実験棟「きぼう」の後継機の事業化調査を複数のパートナーと共に行います。

Space Compassはそのパートナー企業として、後継機と地球間の光通信事業、および後継機内でのデータ処理に必要な軌道上データセンタ事業の検討を行うことになりました。この調査業務を通じて、後継機の高機能な計算機を活用し、実験データなどをリアルタイムで高速処理。地上や観測衛星、探査機などと光通信を用いて高速大容量で接続することで、新たな価値の創出を目指します。

Space Compassは、「宇宙統合コンピューティング・ネットワーク」構想を掲げています。これは新たな通信・コンピューティング技術で様々な軌道や周波数帯の宇宙ネットワークを統合・処理し、非地上系ネットワークと地上ネットワークを融合。それぞれの特長を活かし組み合わせた価値を提供することを目指しています。ISS後継機の環境の活用により、この構想の実現を加速することを検討しています。

Space Compassは日本電信電話株式会社とスカパーJSAT株式会社が設立した合弁会社です。宇宙データセンタや宇宙 RAN(Beyond5G/6G におけるコミュニケーション基盤)の事業・サービスに取り組んでおり、今後はIOWN等の革新的な技術も活用し、サービスの強化を目指しています。

Source: PR TIMES