小型ロケットZEROを開発するインターステラテクノロジズ、文部科学省の中小企業イノベーション創出推進事業に採択

北海道広尾郡大樹町に本社を置く宇宙の総合インフラ会社、インターステラテクノロジズが、文部科学省の「中小企業イノベーション創出推進事業(SBIRフェーズ3)」に採択されたことを発表しました。同事業は、スタートアップ等が持つ先端技術の社会実装を促進するもので、本事業期間は2024年9月末までで、交付額上限は20億円となっています。

インターステラテクノロジズは、小型人工衛星の打上げ市場が国内外で急拡大していることに対応し、信頼性とコスト競争力を両立させた小型ロケット「ZERO」の開発を進めています。これにより、国内の自立的な宇宙アクセスの維持・拡大と、世界市場を見据えた国際競争力のある宇宙輸送サービスの実現を目指しています。

ZEROは、小型サイズの衛星をターゲットにした小型ロケットで、開発・製造体制を一貫して行うことで、1機あたりの打上げ費用を8億円以下に抑えることが可能です。また、衛星のビジネスモデルに合わせて専用に打ち上げる柔軟性と、国内やアジア・オセアニア諸国の衛星事業者に対する利便性も強みとしています。

インターステラテクノロジズは、ZEROの能力を増強し、最大800kgの衛星を地球低軌道(LEO)に打ち上げられるロケットの開発を進めています。これにより、国内の自立的な宇宙輸送サービスの構築と、アジア・オセアニアや欧州市場におけるポジション確立を目指しています。

また、ZEROの開発・製造においては、抜本的な低コスト化を図るため、独自の品質保証体制の構築、民生部品・技術の採用、サプライヤーの開拓、新たな製造技術の導入による部品点数の削減、運用・組立時のコスト削減などを行っています。

インターステラテクノロジズは、低価格で便利な宇宙輸送サービスを提供することで、誰もが宇宙に手が届く未来の実現を目指しています。

Source: PR TIMES