日本のJAXAの発表によると、2023年11月24日から2023年12月31日までの間に、観測ロケットS-520-33号機の実験が予定されていることが明らかになりました。

この実験は、鹿児島県肝属郡肝付町にある内之浦宇宙空間観測所で行われ、打ち上げ予定のロケットはS-520-33号機となっています。具体的な打ち上げ予定日は2023年11月24日で、日本標準時における打ち上げ予定時間は16:00から16:30とされています。

本実験の目的は、次世代のロケットや探査機に向けた先進的宇宙工学技術の実証実験を行うことで、具体的には以下の4つの装置を搭載して実験を進行する予定です。

1. ロケットから分離したのち着水し回収できるインフレータブル型データ回収システム(RATS-L)
2. 展開伸展型の構造を持つインフレータブル伸展プラットフォーム(IEP)
3. 実験機器からのデータを効率よく収集するPI データ収集装置(PDC)
4. 小型で高精度な航行を実現する小型ロケット用航法センサ (NANA)

これらの装置を用いて、より効率的なデータ収集と精度の高い航行を可能にする技術の実証実験が行われます。

詳細な情報については、JAXAのプロジェクトページにて観測ロケットS-520-33号機のページをご覧いただけます。

Source: https://www.jaxa.jp/press/2023/09/20230928-1_j.html