アストロスケール、商業デブリ除去実証衛星「ADRAS-J」の出荷を完了

株式会社アストロスケールホールディングスの子会社である株式会社アストロスケールは、2023年度内に実施予定の商業デブリ(宇宙ごみ)除去実証衛星「ADRAS-J」のニュージーランドへの出荷を完了したと発表しました。この衛星の輸送は、アストロスケールとパートナーシップを結んでいる郵船ロジスティクス株式会社が行いました。

アストロスケールは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の商業デブリ除去実証(CRD2)フェーズⅠの契約相手方として選ばれ、ADRAS-Jの開発を担当しました。ADRAS-Jはニュージーランドのマヒア半島にあるRocket Labの第1発射施設で打ち上げられ、ロケット「Electron」によって軌道に投入される予定です。

打ち上げ後、ADRAS-Jは非協力物体である日本由来のロケット上段への接近・近傍運用を実証し、長期にわたり放置されたデブリの運動や損傷・劣化状況の撮像を行います。これは、実際のデブリへの安全な接近を行い、デブリの状況を明確に調査する世界初の試みであり、デブリ除去を含む軌道上サービスにおいて不可欠な要素です。

アストロスケール代表取締役社長の加藤英毅氏は、「衛星の製造完了と出荷はプロジェクトにおける大きなマイルストーンであり、これにより、本実証は開発のフェーズから打上げ・運用のフェーズに移行しました。ADRAS-Jの打上げ、そして軌道上で運用を開始することを心待ちにしています」とコメントしています。

アストロスケールは、宇宙機の安全航行の確保を目指し、次世代へ持続可能な軌道を継承するため、全軌道における軌道上サービスに専業で取り組む民間企業です。衛星運用終了時のデブリ化防止のための除去、既存デブリの除去、寿命延長、故障機や物体の観測・点検など軌道上サービスの実現を目指し技術開発を進めています。

Source: PR TIMES