ヨーロッパのESAの発表によると、月の経済を開発するための革新的なアイデアを求める呼びかけが行われました。これは、月周辺に通信とナビゲーションの衛星群を使って、月面でのビジネスを確立し、地球上での新たな可能性を解き放つという画期的なアイデアに対するものです。

数百の月探査ミッションが今後数年間で開始される予定で、持続可能な月との連絡を確立するために、ESAは「Moonlightプログラム」を開始しました。このプログラムは、ヨーロッパの宇宙企業が月面の衛星群を作成するのを支援するもので、これらの衛星は通信とナビゲーションサービスを提供し、起業家が月と地球上の顧客向けに革新的なビジネスを作り出すことを可能にします。

これらのビジネスは、ヨーロッパと世界中で新たな雇用を生み出すでしょう。経済コンサルタントによると、今後10年間での月面での収益機会は合計で約400億ユーロに達し、2040年までにはほぼ1600億ユーロに達すると推定されています。

例えば、公益事業会社は月面の通信を利用して、電力生成、貯蔵、配分インフラを遠隔管理することが可能になります。鉱業会社は、月面の衛星位置情報を利用して、生命維持と推進剤のための水、酸素、水素、さらには月面基地建設のための資材を正確に探し出し、採掘することができます。

データ会社は、衛星を利用して月面の冷たい極地にあるセキュアなデータセンターと通信することが可能になります。エンターテイメント会社は、ゲームや映画などのレジャー活動で月面の環境を活用し、月と地球間での位置情報やデータ交換を利用することができます。

長期的なロボットや人間の月面存在を必要とする場合、Moonlightの能力を活用した革新的なサービスが必要となるかもしれません。そのようなビジネスの創出は、地球上の商業的な機会を利用して月面経済を推進することができます。

ESAは今日、月面通信とナビゲーションサービスを利用したビジョナリーなビジネスアイデアのコンペティションを開始しました。このコンペティションでは、地球と月面の顧客ニーズに対応するアイデアを求めています。選ばれたアイデアに対しては、1年間の契約を提供し、そのアイデアの実現可能性、実行可能性、そして潜在的な顧客からの需要を評価します。最も優れたアイデアは、追加の機会に応募する資格を得ることができます。企業は、最も明るいアイデアを提出することで、月面経済の先駆者となることが求められています。

Source: https://www.esa.int/Applications/Connectivity_and_Secure_Communications/Wanted_bright_ideas_to_develop_the_lunar_economy