元JAXAで大気圏再突入技術の第一人者・藤田和央がCTOに就任し、有人宇宙施設と連携する新サービスの本格検討を開始

宇宙での実験・実証を行い、地球へ帰還可能な人工衛星を開発する株式会社ElevationSpace(以下、エレベーションスペース)が、2023年4月に新たな経営体制を発表しました。元JAXAの研究開発部門を統括していた藤田和央氏が、エレベーションスペースのChief Technical Officer(CTO)に就任しました。また、新たな事業として、民間宇宙ステーションと連携し、実証・実験の成果物を地球に持ち帰る「ELS-RS(イーエルエス・アールエス)」サービスの検討を開始することを発表しました。

エレベーションスペースは、宇宙特有の環境を利用した実証・実験を行うことができる「ELS-R」の開発を進めています。このサービスは、高頻度で利用可能で、実証・実験内容の自由度が高く、計画から実証・実験までのリードタイムが短いことが特徴です。しかし、人の手を必要とする複雑な実験や大型の装置を必要とする実証については、有人の宇宙施設を利用する必要があります。

そのため、エレベーションスペースは、地球低軌道拠点と連携した輸送サービスである「ELS-RS」を新たな事業の柱として検討することを決定しました。「ELS-RS」は、エレベーションスペースが「ELS-R」で開発する回収カプセルや、低毒・高出力なハイブリッドスラスタ、大気圏再突入・地球帰還・回収技術を応用した、新たな宇宙環境利用・回収サービスです。このサービスにより、宇宙から地球への「帰りの便」が増えることで、実験後すみやかに成果物を地球に帰還させ、スピーディに地上での解析サイクルを回すことが可能になります。

今後、エレベーションスペースは、「ELS-R」と「ELS-RS」の2つのサービスを顧客ニーズに合わせて提案し、増大・多様化する宇宙環境利用ニーズに柔軟に対応していくとのことです。これらの取り組みにより、エレベーションスペースは、民間事業者等の更なる宇宙産業参入促進や、日本の宇宙産業力強化に貢献すると述べています。

Source: PR TIMES