ヨーロッパのESAの発表によると、同機関の衛星ナビゲーション(Satnav)試験車両が、ノルウェー政府主導のキャンペーンに参加し、Satnavシステムへの妨害と偽装の影響を評価し、検出と軽減のための革新的な技術を試験しました。

衛星ナビゲーションは、航空機や自動運転車のガイドから、水供給の監視、緊急対応まで、多岐にわたるアプリケーションで日常的に使用されています。しかし、地上での信号強度が弱く、仕様のほとんどが公開されているため、Satnavシステムは妨害や偽装に対して潜在的に脆弱です。

9月18日から22日にかけて、ESAのチームは、ノルウェーの「Jammertest」に参加しました。このテストは、ノルウェー通信局、ノルウェー防衛研究所、ノルウェー公道管理局、ノルウェー計量局が主催し、ノルウェー宇宙局が後援しています。ノルウェー北部の遠隔地、アンドーヤ島が一時的な屋外実験室に変えられ、主催者が制御環境下で全球衛星ナビゲーションシステム(GNSS)の信号を妨害しました。

ESAの試験車両は、この冒険のためにアップグレードされ、さまざまなSatnav受信機、最先端から大量市場向けまでのアンテナ、妨害監視装置、妨害軽減システム、そして実際の車両の位置と受信機の読み取りを比較するための「真実の源」である慣性ナビゲーションシステムを装備していました。

この装備は、ESTECのナビゲーションエンジニアが、Satnavシステムの性能とその妨害に対する耐性をテストするだけでなく、ユーザーの位置について誤解を生じさせる偽の信号を送る「スプーフィング」、信号を誤解を招くようにインターセプトして再放送する「ミーコニング」を評価することも可能にしました。

さらに、ESAのチームは、SINTEFが開発したポータブルなコンパクトな無線周波数干渉(RFI)検出システム、ARFIDAASを試験しました。この装置は、検出された信号の録音、解析、分類が可能です。また、FocalPointが開発したNAVISP資金提供のデモンストレーター受信機も試験されました。この装置は、GNSSの精度、感度、完全性を向上させ、妨害攻撃に対する耐性を高め、空のスキャンと偽装信号の検出を可能にする特許技術「Supercorrelation」を使用しています。

このテストにより、さまざまなGNSS受信機のパフォーマンスを試験し、ESAのガリレオシステム設計チームにフィードバックを提供することができると、ラジオナビゲーションエンジニアのXurxo Otero Villamide氏は述べています。また、このキャンペーンの主な目的は、将来的な利用のために広範なデータベースを収集することで、これは成功裏に達成されたと、Ground and User Segment EngineerのLuciano Musumeci氏は付け加えています。

Source: https://www.esa.int/Applications/Navigation/Satnav_test_on_remote_island_lab