アメリカのNASAの発表によると、2023年10月19日にNASAのサービスカタログ、サービスレベル契約(SLA)、顧客満足度調査、NSSC請求書(旧称:パフォーマンスおよび利用報告(PUR))についての詳細が公開されました。

サービスカタログでは、各NSSCサービスのサービス説明、チャージバックレート、測定単位、サービスレベル指標を提供しています。これにより、NASAの各センターが提供するサービスの詳細を把握することが可能となります。

また、SLAでは、すべてのNASAセンターに関する役割、責任、レート、サービスレベル指標についての情報を提供しています。SLAは、財政年度に合わせて年次で交渉され、すべてのNASAセンターが共有し、アソシエイト管理者、最高財務責任者、最高情報責任者、監察総監の事務所によって署名されます。具体的には、NSSCからNASAセンターや本部のオペレーションに対して以下の領域で特定のサービスを提供することを規定しています:財務管理、調達、人事、情報技術、エージェンシービジネスサービス。

さらに、NSSCはNASAのビジネスの進め方を根本的に変えています。顧客のロイヤルティと満足度を維持するためには、高レベルのサービスを提供するだけでなく、顧客に焦点を当てる必要があります。その一環として、2016年と2013年の幅広い調査結果の実行要約も公開されています。

NSSCの請求書(旧称:パフォーマンスおよび利用報告(PUR))については、オンラインコースの管理とトレーニングの購入が、トレーニング資金の再配置に従って、請求書のOLC&トレーニング購入セクションに再配置されました。また、センターの特別プロジェクトは各プロジェクトの資金提供センターが特定された一つの特別プロジェクトの請求書に統合されました。

さらに、2023年度と2022年度、2021年度の利用報告も公開されています。これにより、各月の利用状況を詳細に確認することが可能となります。

Source: https://www.nasa.gov/centers-and-facilities/nssc/metrics/