アメリカのNASAの発表によると、2023年の第16回年次von Braun宇宙探査シンポジウムへのメディアの参加が呼びかけられています。このシンポジウムは、アラバマ州ハンツビルのアラバマ大学で10月25日から27日までの水曜日から金曜日に開催されます。

NASAの参加者の中には、管理者のビル・ネルソン氏が含まれており、彼は10月25日の午後1時15分頃に開始される授賞昼食会で発言を行う予定です。昼食会では、人間の着陸システムについての議論も含まれています。

今年のテーマは「LEOから月面とその先への宇宙の進歩」です。政府、産業、学界からの講演者たちは、宇宙科学と探査における最新の開発、未来の機会、そして課題に焦点を当てます。

NASAのマーシャル宇宙飛行センターの暫定ディレクターであるジョセフ・ペルフリー氏は、水曜日の朝に開会の挨拶を行い、Artemisパネルを進行します。他のマーシャルの講演者には以下の方々が含まれます:
– シェーン・カネーデイ、航空宇宙エンジニア
– ジョン・ハニカット、スペース・ローンチ・システムズ・プログラムマネージャー
– デイナ・イセ、科学技術オフィス副マネージャー
– マロリー・ジェームズ、航空宇宙エンジニア
– メアリー・ベス・ケルブル、エンジニアリング・ディレクター
– ジェイソン・ターピン、推進シニア・テクニカル・リーダー
– リサ・ワトソン-モーガン、人間着陸システムプログラムマネージャー

参加するためには、メディア関係者はアメリカ宇宙学会のエグゼクティブディレクターであるジム・ウェイ氏に連絡を取り、資格を得る必要があります。

管理者と話すことに興味があるメディアは、ジャッキー・マクギネス氏に連絡を取る必要があります。他のNASAの講演者とのインタビューをリクエストするには、モリー・ポーター氏に連絡を取る必要があります。

シンポジウムやフルプログラムについての詳細情報は、以下のウェブサイトをご覧ください:astronautical.org/events/vbs.

Source: https://www.nasa.gov/news-release/nasa-invites-media-to-2023-von-braun-space-exploration-symposium/