アメリカ航空宇宙局(NASA)は10月31日、国際宇宙ステーション(ISS)を利用した商業的な宇宙製造の実現に向け、業界、学界、米政府機関の専門家と協力していると発表した。

NASAによると、これらの専門家と協力することで、ISSでの概念実証から、将来の商業LEO目的地での商業運用への移行を加速できるという。InSPA賞は、選ばれた企業がその製品の技術準備度を高め、地球での使用のためにLEOの微小重力環境で製造されたサービスと製品の持続可能でスケーラブルで利益の出る非NASA需要の開発に米国の産業を推進するのを助ける。

NASAは、InSPAの優先事項を知らせ、学習を加速し、商業化の成功を高めるため、官民の専門家を募集している。CHIPS法の目標を支援する概念は、微小重力での半導体製造を通じてNASAにとって特に興味深い。さらなる評価のために選ばれたものは、完全な提案を提出するよう招待される。NASAは国立標準技術研究所(NIST)を通じてCHIPS法からの資金を求めており、微小重力での半導体製造での米国の指導力を確保する。

このイニシアチブを支援するために、NASAのInSPAプログラムは、施設、人材育成、学術支援、プログラム開発のための資金を伴う賞を授与する可能性がある。

Source: https://www.nasa.gov/missions/station/inspa-inter-agency-collaboration-goals/