アメリカ航空宇宙局(NASA)が11月1日に発表したプレスリリースによると、アラスカ州西部のツンドラ地帯で発生したメタンのプルームは、同地域で起きたツンドラ火災と関連していることが判明した。NASAの「北極・ボレアル脆弱性実験(ABoVE)」を実施している科学者チームの新しい研究で、過去50年間に野火の被害を受けたツンドラ地帯では、影響を受けていない地域と比較して、約29%メタンのホットスポットが発生しやすいことがわかった。湖や川などの水域の端まで燃え広がった地域では、その確率は3倍に跳ね上がり、最近燃えた湿原では最も高い確率を示した。

研究チームは2017年にNASAの次世代型航空機搭載型可視・赤外線画像分光計(AVIRIS-NG)を使用して、メタンのホットスポットを初めて観測した。歴史的な野火マップと重ね合わせた解析の結果、野火の痕跡とメタンホットスポットの分布には「非常に明確で強い関係性」があることが判明した。

ツンドラ地下の永久凍土に貯蔵されている炭素に火が燃え移ると、凍土が融解して分解が進み、微生物の活動によって古い炭素がメタンガスに変換される。湿地帯周辺の飽和した土壌は、大量の死んだ植物や動物質を含むため、特に炭素が豊富である。

研究チームは、北極の火災リスクが今世紀末までに4倍に跳ね上がる可能性があると指摘している。北極の永久凍土には推定1兆7,000億トンの炭素が貯蔵されており、野火による炭素排出量の強度は非常に高い。研究者らは、衛星と航空機による遠隔観測が、これらの現象をよりよく理解する強力な手段であると述べている。

Source: https://www.nasa.gov/earth/nasa-flights-link-methane-plumes-to-tundra-fires-in-western-alaska/