アメリカ航空宇宙局(NASA)の発表によると、

NASAラングレー研究センターのエアロゾル研究グループ(LARGE)は、大気中のエアロゾルと水蒸気の相互作用に関する理解を深めるため、現場でのエアロゾルと雲の測定や研究に取り組んでいる。LARGEは、DISCOVER-AQやSEAC4RSなどの科学ミッション中に高品質なデータの管理/普及を行うことで、地球とその住民を守るためのより良いソリューションの翻訳に直接貢献することを目指している。

SaSaプログラムを支援する研究グループには、Ali Omar、Richard Moore、Luke Ziembaが含まれる。

ラングレーは、SaSaの学生プロジェクトや夏の航空科学キャンペーンを支援するため、様々な機器とツールを用いている。詳細はNASAラングレー エアロゾル研究グループのウェブサイトを参照。

一方、NASAゴダード宇宙飛行センターは、学生に効果的な学習環境を提供するため、航空機、航空機センサー、専門家などのユニークな資産を有している。

ゴダードの科学者とエンジニアは、特にCAR計測機器のメンテナンスを支援している。CARは2022年8月までゴダードで設計・運用されていたが、現在はエームズ研究センターに移管されている。このチームのリーダーはDong Wuである。

Source: https://www.nasa.gov/general/nasa-partners/