アメリカのNASAの発表によると、11月22日にNASAジョンソン宇宙センターは、感謝祭の祝日は通常、家族や友人が前年に起きた良いことすべてに対する共通の感謝の気持ちを祝うために集まる機会だとプレスリリースで発表しました。人々はパレード、フットボールマラソン、宗教行事への参加など様々な方法で祝日を祝いますが、食べ物がこの祝日の中心的なテーマです。長期宇宙ミッションに搭乗している宇宙飛行士にとって、家族や友人との別れは避けられません。そのため、他の乗組員と伝統を共有し、できる限り料理の伝統を楽しむことに頼っています。今年の感謝祭がパンデミックの影響で典型的な集まり方が変わる可能性がある中で、過去の宇宙飛行士が宇宙滞在中に祝日をどのように祝ったかを振り返るのはふさわしいとしています。過去の軌道上での感謝祭のお祝いの話や写真を楽しんでください、と続けました。

発表には、1973年から2023年までの宇宙ステーションやスペースシャトルでの感謝祭の様子が写真付きで紹介されています。スカイラブ4号の乗組員が初の宇宙での感謝祭を祝った1973年から、国際宇宙ステーションでの感謝祭が毎年の恒例となっている今日まで、軌道上での感謝祭は多くの宇宙飛行士とその家族にとって特別な思い出となっています。

NASAは、これらの宇宙での感謝祭の話や写真、動画を楽しんでもらい、地上と宇宙ステーションにいる7人の乗組員全員に幸せな感謝祭を願っている、と締めくくっています。

Source: https://www.nasa.gov/history/thanksgiving-celebrations-in-space-2023/