アメリカ航空宇宙局(NASA)の発表によると、2024年1月20日以降にフロリダ州のケネディ宇宙センターからスペースXのファルコン9ロケットとドラゴン宇宙船により、国際宇宙ステーション(ISS)へ向けて3回目となる民間宇宙飛行のアクシオムミッション3(Ax-3)が打ち上げられる予定だ。

4人の多国籍クルーからなるこのミッションでは、ISSに約14日間滞在し、世界中の様々な組織と協力して微小重力環境下での30以上の研究実験が行われる。

ミッションのコマンダーを務めるのは、元NASAの宇宙飛行士でアクシオム・スペースのチーフアストロノートのマイケル・ロペス=アレグリア氏。パイロットはイタリア空軍のウォルター・ヴィラデイ大佐。ミッションスペシャリストはトルコのアルパー・ゲゼラヴシ氏と、欧州宇宙機関(ESA)のマーカス・ヴァント氏だ。

NASAは、民間企業が主導する商業宇宙市場の育成を目指しており、低軌道における宇宙ステーションサービスに関する要件を提示するなど、宇宙産業の活性化に取り組んでいる。

Source: https://www.nasa.gov/news-release/nasa-to-participate-in-next-private-astronaut-mission-news-conference/