ヨーロッパのESAの発表によると、フランスの科学イラストレーターSacha Berna氏が制作したイラストが、気候変動に関するヨーロッパ全域のデータビジュアライゼーションコンテスト「Little Pictures」の優勝作品に選ばれた。

Berna氏の優勝作品は、2000年から2015年の間にブラジルの都市部が拡大する一方で、熱帯雨林が減少していることを表現したイラストだ。このイラストの作成には、ESAの気候変動イニシアチブが生成した衛星による土地被覆情報が用いられた。

ESAによると、Berna氏は「一般の人にも科学情報を分かりやすく伝えるのが日常の仕事だ。このコンテストを通じて、地球システムを理解し、人類の未来を守るための意思決定に役立っているのと同じデータを使ってビジュアライゼーションを試みる機会を得た」とコメントしている。

コンテストにはCOP28を前にして約500点の応募があり、提出されたイラストのクオリティは非常に高かったという。ESA、欧州気象衛星機関(Eumetsat)、欧州中期天気予報センター(ECMWF)の代表者に加え、データジャーナリストのMatthias Stahl氏、有名な気候変動データビジュアライゼーション「Show Your Stripes」の作成者であるEd Hawkins教授が審査員を務めた。

ESAによると、優勝作品と上位10作品は同機関のウェブサイトで公開されている。

Source: https://www.esa.int/Applications/Observing_the_Earth/Space_for_our_climate/Little_Pictures_winner_announced_at_COP28