アメリカ航空宇宙局(NASA)が2024年1月5日に発表したプレスリリースによると、

2023年9月15日に国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられたNASAの宇宙飛行士ローラル・オハラ氏は、現在も同ステーションに6ヶ月間の長期滞在を続けている。

オハラ氏とExpedition 70のクルーは、長期の宇宙滞在中に、微小重力現象の研究、心臓の健康、がん治療、宇宙製造技術などを研究している。

NASA本部の写真家は、2023年の最高の写真の一つとして、オハラ氏の打ち上げ前のロシア製宇宙服の気圧チェックの写真を選出した。

写真はNASAのFlickrで見ることができる。

Source: https://www.nasa.gov/image-article/preflight-checks-for-astronaut-loral-ohara/