アメリカのNASAの発表によると、2004年1月3日と24日に、それぞれスピリットとオポチュニティという名前の双子の火星探査ローバーが火星に着陸した。これは惑星間ロボット探査の新時代の幕開けとなった。

3週間の間隔を空けて、それぞれエアバッグのクラスターに包まれて火星の表面にバウンドしながら着陸した。このゴルフカートサイズのローバーのミッションは、過去に水が火星の表面を流れていた証拠を探すことだった。

彼らの発見は、オポチュニティによる着陸直後の有名な「ブルーベリー」の発見を含め、科学の教科書を書き換えることになった。スピリットは、数年後にダメージを受けた車輪を引きずりながら、生命が数十億年前に存在していた可能性のある古代の温泉の痕跡を発見した。

科学者たちは、火星がかつて今日の凍った砂漠とはまったく異なる激しく変化した世界であったことを疑っていた。軌道画像は、水によって削られたと思われるチャネルのネットワークを示していた。しかし、スピリットとオポチュニティの前では、液体の水がこれらの地形を形成したという確証はなかった。

スピリットとオポチュニティの着陸20周年を祝って、これらの先駆的な探査者の火星での業績の一部をリストした両面ポスターをダウンロードしよう。

「私たちの双子のローバーは、昔の火星に湿った環境が存在したことを初めて証明した」と、ジェット推進研究所の元プロジェクト科学者マット・ゴロンベックは語っている。「彼らはキュリオシティやパーサヴィアランスなど、より大型のローバーによる火星の過去に関するさらなる学習の道を切り開いた」

800字以内で要約

Source: https://www.nasa.gov/missions/mer/20-years-after-landing-how-nasas-twin-rovers-changed-mars-science/